大腸がんは危険な病気【改善するなら病院で検査】

式場と費用

診察

大腸がんは現在、患者数が増加し続けている病気の一つです。近い将来患者数が最も多いがんになると推測されています。患者数が増加した原因の一つに食事の欧米化があります。したがって肉類の動物性脂肪を多く摂って野菜類をあまり食べない人は大小含意なるリスクが高くなります。特に外食がメインの人はこういった食生活になりやすいです。また、身体的にはたとえ寮生であっても今までに大腸にポリープができたことがある人や、潰瘍性大腸炎になったことがある人は大腸がんになるリスクが普通の人よりも高いです。また、遺伝性も示唆されているため、家族や親族が今までに大腸がんにかかったことがあるという人も発症するリスクが高くなっています。

大腸がんで最も注意しなければいけないことは、大腸がんは初期の段階ではほとんど症状が現れないという点です。血便や下痢などの自分で自覚できる症状が出てきた場合にはすでに病気がある程度進行してしまっています。また、こういった症状は風邪や痔などのごく一般的な病気に現れる症状とよく似ているので、自分がまさかがんにかかっているとは思わないまま放置する場合が多いです。大腸がんは早期発見できればほとんどの場合完全に治療できるがんの一つです。早期発見するためには定期的に検査をしてもらうことが最も有効です。大腸がんの検査は検便によって便の状態を調べるという検査ですから、痛みは全くありませんし、とても簡単にできる検査方法です。